一生に一回の結婚式だからこそ一言言いたい!

"私は基本的にクレームを言うようなタイプではありません。

それは器が広いわけではなく、
クレームを言うのにも気力が必要で、それが面倒だと感じてしまうからです。

そんな私が先日クレームを言う機会がありました。

それは結婚式場での出来事でした。
私は今年の秋に結婚式を挙げる予定です。
3か月前となる今、打合せの回数も増えてきました。

先日いつものように式場へ打合せに行くと、
見知らぬスタッフさんがこちらにいらっしゃいました。

「実は○○が退職しまして、本日から私が担当させて頂きます」 とのこと。

そんな話一切聞いていなかったので、驚きました。

退職するのならば、二週間前に会ったときに分かっていたはず。
それならばそうと挨拶と後任の紹介等をするのが普通ではないでしょうか。

それとも急に辞めてしまったのでしょうか。
事情があったとしても、誠意が感じられず、がっかりしました。


そこまではまだ許せたのですが、
その後の打合せの際もつじつまが合わない点が多く、明らかに引き継ぎ不足を感じました。
というか引き継ぎなど全くなかったのかもしれません。

もう呆れて物も言えませんでした。

この人たちに任せて良いのだろうかという心配とモヤモヤする気持ちが抑えきれず、
数日後、式場にクレームの電話を入れました。

「申し訳ございませんでした」の一点張りでした。

こちらは大きな金額をかけていますし、
一生に一度の大イベントですから、せめて誠意をもって対応してもらいたいのです。
"


Copyright © 一生に一回の結婚式だからこそ一言言いたい!. All rights reserved