残業を頼まれたら断るな

"日本で残業を断るのは、出世の道を自ら否定してしまうことと同じです。
サービス残業が何故なくならないかというと、それは社員が会社への忠誠心を試されていることを知っているからに他なりません。断れば出世できないことを皆知っているのです。
そういう私も何も知らない若い頃は、上司に残業を頼まれても平気で断っていました。今から思えば何ということをしてしまったんだお前はということになります。
役場で臨時職員をやってた時のことですから、それは頭悪いよと言われても仕方ないことだと思います。
上司との関係がよくなかったので、すぐに辞めましたのでなんともなかったですが、ずっといるつもりの人であれば上司からの残業の要請を断るのは死を意味することだと思います。
因みにその上司ですが今はタクシーの運転手をしてるそうで、私が辞めた後市長が変わり役場を追われたようでした。
後から聞いたのですがその人も臨時職待遇だったということでした。"


Copyright © 残業を頼まれたら断るな. All rights reserved